手軽で便利な家庭用ウォーターサーバー

天然水は地中のミネラルを豊富に含んだ水

ウォーターサーバーの水には天然水とRO水があります。
天然水の方は多くの方が何となく想像できると思います。例えば有名なところでは富士山麓がありますが、そのような良い水が出る土地の地下から汲みあげられる地中のミネラルを豊富に含んだ水が天然水です。ミネラル成分などの添加や過度なろ過はしません。また加熱殺菌さえしないものもあります。当然、採水地によってミネラルバランスや味などにも違いがあります。
もう一方のRO水とは水をRO膜(逆浸透膜 Reverse Osmosis Membrane)という超微細フィルターを通過させてろ過して、極力不純物を除去した純水に近い水のことです。安全ですが不純物と一緒にミネラル成分などもキレイにろ過されるため、特に味もなく栄養もありません。

RO水はリーズナブル

安全だけど味がなくて栄養もない水など買いたくない?ご安心ください。
家庭用ウォーターサーバーに使われるRO水の多くにはミネラルが人工的に加えられています。
天然水は採水地によって水の品質が決まってしまいますが、RO水にミネラルを添加させる方法なら、おいしさや栄養に、より良いバランスを求めることができ、天然水に比べて品質が安定しています。ちなみにRO水にミネラルを加えたものもミネラルウォーターと呼び、天然水とRO水の違いは「自然のものか、人工的につくられたものか」の違いといっていいと思います。
天然水には基準はクリアされていても、ごく微量の汚染物質が入る可能性はどうしてもあるので、安全面で見るとRO水が優れています。このことからRO水は赤ちゃんのミルクや離乳食を作るのに良く使われています。またコスト面でもRO水が優れています。