サーバーやボトルにはいろいろなタイプがあります

衛生面が考慮されたサーバー

まずサーバーには主に床置型と卓上型の2種類があります。家の中のどこに置くのか決めておきましょう。
床置型のほうが大きく重いのですが、その他にも高機能になると重くなります。
子供が蛇口を触って熱湯が出てやけどしたなんてことにならないようにチャイルドロックがついていたり、衛生面を考慮して、水を出すたびにボトル内にボコボコとホコリやチリと一緒に空気が入らないようになっているボトル内真空(ボトル内真空は水を使った分だけ容器がへこんで真空を保つ仕組みになっています)や、侵入してしまった空気中のホコリやチリを除去してくれるフィルターがついたものもあります。
また毎日使うものなので節電機能がついていると嬉しいですね。

ガロンボトルと使い捨て型ボトル

大抵の家庭用ウォーターサーバーはボトルを上部に装填して使いますが、このボトルが女性やお年寄りには重いようです。
最近人気なのはボトルをサーバー下部に装填するタイプです。
ボトルには大きく分けて2種類あります。ガロンボトルと使い捨て型ボトルです。
ガロンボトルは使い終わったらボトルを回収してもらうかメーカーに送り返します。
これをリターナブル方式といいます。何度も利用するので環境にやさしく値段も安いのが特徴です。
ただガロンボトルは回収してもらうまでの保管場所をとることと自社で配送しているので配送エリアが限られています。
その点使い捨て型は宅配業者を使うので配送エリアはもちろん配送時間から受け取り方までいろいろ選べ便利です。
使用済みボトルはリサイクル資源として処分できます。これをワンウェイ方式といいます。ただガロンボトルに比べ少し割高です。